キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 繰り上げ返済のことも考慮して選ぶ : 不動産担保ローンの賢い利用法

繰り上げ返済のことも考慮して選ぶ

不動産担保ローンを選ぶ際には、その予定がなくても、繰り上げ返済の手数料や一括返済時の違約金について考慮しておきましょう。

不動産担保ローンの賢い利用法

繰り上げ返済のことも考慮して選ぶ

借入金は返せる時に可能な限り返しておくのが返済額を少なくする決め手!というのは、不動産担保ローンにも言えることです。

可能な限りというのは、「ギリギリ可能」ではなくて「多少の余裕を持たせた可能」がよいでしょう。

医療費など、突発的に発生する出費もあるかもしれませんので。

さて、実際に月々の決まった返済以外にまとまった金額を支払う方法は「繰り上げ返済」と呼ばれ、それによって返済期間を短縮する期間短縮型と、月々の返済額を減らす返済額減少型があります。

借入金は早く返済するに越したことはありませんが、返済額減少型の方が適している場合もあるでしょう。

例えば、教育費増に備えたいとか、近い将来に収入減少が見こまれるといったケースです。

したがって、不動産担保ローンを選ぶ際には、その時点で繰り上げ返済の予定がなくても、繰り上げ返済の手数料もしっかりチェック項目に入れておきましょう。

繰り上げ返済額の数パーセント、一部無料、完全無料など金融機関により大きな差があります。

加えて一括返済の違約金の有無についても注意しましょう。

高額かつ返済期間長の不動産担保ローンで融資を受けたとします。

金利は他の金融商品に比べて低めに設定されているはずです。

なぜなら長期間にわたって金融機関に利益をもたらすからです。

それが一括返済されたら、どうでしょう?

金融機関の中には「ちょっと待って。話が違う。」とばかりに違約金を請求するところがあります。

借りた金額が高額ですから、違約金も高額になりえます。

一括返済をするとは思えなくても、念には念をいれて見ておいて損はないでしょう。

メールフォーム

お問い合わせはこちらから

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright (C) 不動産担保ローンの賢い利用法 All Rights Reserved.